--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-21(Mon)

不安神経症(SAD)

昨日の新聞の大きな一面を使って、不安神経症(SAD)のページの広告が載っていました。
きっと、センター試験も終わり、二次試験、面接とあるので、それを見込んでの宣伝なのでしょう。

どういうページなのかとアクセスしてみたら、自分が不安神経症(SAD)かどうか調べるテストがあったのでやってみました。
一つ目のテストは、どういう場面で強く「不安」を感じるか。
二つ目は、その不安な状態を、回避してしまうか、それとも向かっていくかと言うものでした。

一つ目は、誰でも少しは不安を感じるもの例えば「初めて会う人と話をする」などで、まったくチェックの入らない人はいないと思います。
そして、自分の結果も普通だと思いました。

そして、二つ目のテストで、「不安は感じるが回避しない」に、みなチェックを入れることが出来たので、問題はないと思ったのですが、「不安神経症(SAD)の可能性ありになってしまいました。

これだったら、殆どの人がみな、不安神経症(SAD)になってしまうのでは?と思ったのですが、どうでしょう。

関心のある方はやってみてください。

スポンサーサイト

theme : 心と身体
genre : 心と身体

2008-01-18(Fri)

不安症

前回、コンクールの結果の話は、笑い話で済みましたが、実はこの不安症が、緊張、上がりの一番の原因になっていることを、本人が一番よく知っているのです。

どんどん不安の材料を探してしまう。
そして、自信を失う。

どうして、こんなに自信がないのだろう。
自信と言う字は、自分を信じると書く。

私は、自分を信じてやることが出来ない。

これには、自分の育ち、過去に大きな問題がある事も知っています。

theme : 心と身体
genre : 心と身体

2008-01-16(Wed)

不安症

昔から心配性という不安症というのでしょうか。石橋をたたいて、割ってしまうタイプです。
「家の鍵ちゃんとかけたかしら。」「コンセント抜いたかしら」と、何度も点検するのは、当たり前。分かっているのに、どうしても、不安が治まらない。
そういう人間です。

ピアノコンクールの続きです。
審査の結果発表は、終演30分後に、ロビーに張り出されることになっていました。
実際に張り出されたのは、40分後くらいでしたが、汽車の時間の事が、まっている間、気がかりでした。

そこで、一緒に来ていた先生と、半分ずつ、書き留める事にしたのです。
もうひとりの先生は、小学生。
私は、中高生。

書き出しの仕方は、プログラムを拡大したものに、金、銀、銅を書きとめると言う、方法でした。
実際に、目の前にして、書きとめていくと、なんと自分の生徒に銀のしるしがありました。
「もうビックリです。」全然駄目だったのに。

もうひとりの先生も自分の生徒に「金」と、あった!
といって、互いに、喜び勇んで、汽車に飛乗ったのです。
舞い上がっていました。

ところがです。
汽車に乗ってしばらく経つと、だんだんいつもの不安癖が出てきてしまいました。
「私、書き間違えてないだろうか。」

「間違えてない?」と、相手の先生に聞いてみました。
「知らない。見てないから。」

「うーん」そうだった。そういう、約束だった。
ますます不安です。
だって、本当に出来悪かったので、もしかしたら、前後の人と、見間違えたのかも。。。
なんて、あほなんだろう。
これだけなら、まだ良いです。

次の日です。
今度は一緒に行ってきた先生から電話でした。
「うちの子、本当に金だったのだろうか。」
「さぁ。見てませんからねぇ」

前日は、まったく、そんなそぶりは、見せていなかっただけに、なんだかおかしいような。
私の不安病が移ってしまったようです。

最終的には、どちらも間違っていなかったので、笑い話ですが、こんな事もあるので、
次からは、ちゃんと一緒に確認しようと、心に決めたのでした。

theme : 心と身体
genre : 心と身体

2008-01-14(Mon)

コンクール

土日と、二日間うちの子供たちがコンクールへ出場するので、行って着ました。
みなその地区の予選を通過した「一番」の子供たちだけあって、大変勉強になりました。

一番、感心したのは、小学三年生の子供たちの舞台への臨む姿勢でした。
「見習いたい」限りです。

実は、情けないことにわたしは、一日目は、ただついていくだけなのに、それだけで不安病にかかってしまい、精神的に大変苦しかったです。
知らない土地に行く、と言うだけで、「ちゃんといけるかしら」
と、事前に地図を見たり、汽車の時刻を念入りに見ているのにもかかわらず、とても不安なのです。
得体の知れない、不安で押しつぶされそうで、めまいがしてきたり、身体に症状が現れそうでした。
新幹線に乗り込むまでが、第一のピークだったと思います。

子供たちは、見ず知らずの場所に良くだけでなく、触ったこともないどんな癖のある楽器かも分からないのに、リハーサルもなく、いきなり弾いて、自分のベストを尽くさなければならないのですから、これ程つらいことはありません。

考えただけで、わたしには絶対無理!!
「よくやるなー」と、尊敬してしまいます。

こんな情けない大人がいることも知らず、
本番のベルがなると、小学三年の綺麗なドレスを来たかわいい子が、長いステージの板うえを堂々と歩いて、見事なお辞儀をして、物怖じせず、弾き終えて去っていきました。
これが、ひとりだけかと思うと、次の子も次の子も。

その姿の「凛」としている事。
「わたしは、絶対勝ってみせる」と、物言わずとも、伝わってきました。
素晴らしい!
こんな風でありたいと、この姿を見れば私だけでなく、世の大人はきっと思ったことでしょう。


それが、だんだん年が増して来ると、普通の人になってくると言いましょうか。
緊張のため、本番ぎりぎりまで、トイレにいる中学生や、
舞台の上で、弾き始められない高校生とか。

だいたい、出てきて座るまでの姿を見ていると、後は聴かなくても分かるくらいのものはありました。
自己との戦い精神的レベルで、決着がついてしまうものだと、感じて帰ってきました。



theme : 心と身体
genre : 心と身体

2008-01-11(Fri)

集中の深さ






なかなか言葉で表すのは、難しいのですが、昔の自分は上がって暗譜を忘れてしまうから,といって、まったく集中していなかったのではないと思います。

急に声をかけられると、死にそうに驚いたし、それなりに曲にはいっていたとは思います。
ただその入り方が、今から考えると浅いと言うのでしょうか。
やはり自分が、気持ちよくなっている間は違うのかなと、思います。

今は、一音一音が大切で、何も考えない音がなったらその一音だけが、異質だとすぐに分かります。それは、人の演奏を聞いていてもです。

しかし、「ミミミ」もそうですが、人はどうしても、同じ事をしていると、「慣れて」しまうのです。
「慣れる」ように練習しているのだから、当たり前の事なのですが。

どんなに集中しているようでも、「慣れ」が出てくると、そこからリラックスの方向に向かおうとしてしまうのです。
それも当然です。
生きていく上で、そうなるように出来ているのですか。

だからその考える集中を高めるように、同じフレーズでも、常にもっと違う方向があるのではと、考えていく必要を感じます。

こういう事も含めて、「アナリーゼ」と言うのかも知れませんが、
「アナリーゼ」と言う言い方は、あまりにも漠然としていて、ただテーマがあって、展開とてというのだけでも、アナリーゼですし、あまりこの言葉は、使いたくありません。

もしその言葉を使うとしたら、深く考えることが出来て、始めて「アナリーゼ」の意義が出てくるのではないかと、思います。

そう、新たに思って、練習なりレッスンをしていると、また「集中」と前向きに取り組んで、迎えるような気がしてきています。

theme : 心と身体
genre : 心と身体

2008-01-09(Wed)

集中力=考えること

集中」が「考える」ことで得られる。

という事を知ったのは、実は一冊のテキストとのであいからした。

集中力を育てるピアノファーストレッスン~うたう心と指づくり~ うたう心と指づくり集中力を育てるピアノファーストレッスン~うたう心と指づくり~ うたう心と指づくり
(1998/12/10)
原田 敦子

商品詳細を見る


実際に著者原田敦子先生や、その指導を長年受けていらっしゃる先輩講師のからからそのテキストの指導の仕方を教わりました。

この本は、表紙から見ても分かるように、一見幼児向きなのです。
ところが、内容はとても難しい。

最初のページは「ミミミ」です。

これを綺麗に弾くのがいかに難しいか。。。。

やはりピアノと言う楽器は、打楽器と言うだけあって、簡単に音が出てしまいます。
なので、良い音がなっていなくても、ただ音が出ていればよし。
適当に音が並んでいれば、弾けた気になってしまう。という事。

目からうろこでした。
そこから始まって、テクニック的なことにまで、今までやっていたのはなんだったのかと、レッスンを受けた人は、思い知らされます。
これでは、いくら練習をしても、CDのようにはならないはずだと。

「ミミミ」を弾く時、本当に指先に集中して、一音一音違う響きになるように、考えながら弾きます。
子供は本当に集中して、考えたとおりに綺麗に弾けたら、目を輝かせて喜びます。

しかし、人間は悲しいことに慣れてしまう人間です。
この時の感動は、ずっと同じ事を繰り返していると、すぐに色あせてしまいます。

色あせないように、する努力が大切なのです。


集中力アップ!グッス
人前、試験で実力が発揮できないあなたに!
こだわりシューアイス
メロン・マンゴ&ココナッツ・ブルーベリー&チーズ・ストロベリーの四種類のこだわりアイス
おすすめ!ダイエットティ
とても飲みやすく無理なくダイエットでるおすすめ品!
ザクロのパワー!効果
いつまでも美しくありたい方、体臭の気になる方、バストアップ美容に!
みんなでバーベキュー
お正月など、みんなが集まる時に手軽にパーティできます!

theme : 心と身体
genre : 心と身体

2008-01-08(Tue)

「集中すればするほど、脳は働かなくなっていた」

集中すればするほど、脳は働かなくなっていた」
という事について、考えていました。

これはどういう事かという事です。
「音を聞く」と言う視点から考えた時、「聞くことに携わる脳は休んでいる状態にある」という事を言いたいのではないかと、思ったのです。

たとえは、テレビを見ていても、考え事をしながら、見ていると、まったく内容を把握していなかったりしませんか?
勉強している時に、音楽を流したり、ラジオをかけたりしていても、聞いてなかったりしませんか?

やはりただものが脳に映っただけで「見えた」事にはならず、
ただなっている音を拾っただけで「聞いた」事にはならず、
そこに、「考える」と言う別の指令がはいって、始めて見えたことになったり、
聞こえた事になるのだと、思います。

人間の脳は、やはりとても複雑です。

特徴として、ひとつの事に集中するのが得意という、特性が、いいにつけ、悪いにつけ
あるようです。

集中力」に関するHPは、こちらです。

theme : 心と身体
genre : 心と身体

2008-01-07(Mon)

集中

集中について

●小さな子が、じっといていられない集中のなさ。
●あがって、自分に集中できなくなる。

この二つは、違うものだと思っていましたが、実は同じではないかと思えて気ました。

ためしに最近何もしないで、目を閉じ頭の中で白い色を想像し、それに集中する。
事をやってみています。
すると、まもなく色んな音が、エアコンの音が気になり始めたり、いろんな事が
「○○をしなければ」とか、次々によぎり始めます。

「これはいけない、手に集中しよう。手が暖かくなる。」と、思おうとします。
ところが「コトン」と、音がすると、一瞬にして、意識がそちらへ行ってしまいます。

最近、関連サイトを読んでみたりもしているのですが、
「ためしてガッテン」のページで紹介されていた暗算チャンピオンの脳は、実験でいかなる状態になっても、そちらへ集中が行かなかったとありました。
その状態を「集中すればするほど、脳は働かなくなっていた」と、書いてあります。

このことに関して、それはちょっと違うのではと、私は思ったのです。
こんな集中力のない、自分でも、あることに夢中になったとします。
実は、この課題について、HPを作ろうと、構想を練っていました。
そういう時の自分はすごく集中して、他の事は考えられません。

暗算チャンピオンは、暗算を「考えている」から、集中できているのでは、ないでしょうか。

つまり、脳は働かなくなった時ではなく、一生懸命考えている時は、すばらしく集中できるのだと思います。

「考えること」がとても大事だと、考えます。
そのことについて、詳しく書きたいと思います。

集中をテーマにしたHPはこちらです
本、CDはこちらです。

theme : 心と身体
genre : 心と身体

2008-01-06(Sun)

無意識を意識レベルにする

私の友人のピアノの先生は、とても怖い方で、よくスリッパが飛んでくると聞いていました。
高校生になっても、練習の時間を管理されていました。
その友人は、試験の時の暗譜は左右別々に覚えるさせられると言っていました。

私の先生は、一応大学の教授までやっていた人なのですが、あまり本気なタイプではなく、
いつも、彼女の話を参考に練習をしていたものです。

ある時から絶対に暗譜を忘れない方法として、私は自分なりにある方法を編み出していました。

それは、普段の練習の時から、自分を思いっきり疑ってかかることでした。
そして、「地理や歴史のように意識の中で、音を覚える」事でした。
自分に自信が持てない人間には、それが一番の方法でした。

これは、とても厳しいものがあります。
自分を疑ってかかると、ぼろぼろとほころびかけた毛糸のように、穴があくのです。
そこを埋めるように、暗記する。
きりがないように思えました。

はっきり言って、この方法は、まったく、音楽的ではありません。
しかし、ある意味では、間違いではないと、今の段階では言えます。

音楽を意識レベルにすることは、とても重要なことです。
そして、無意識で指が動く事も、実は重要です。
ただ、気をつれなければならないのは、人は「慣れる」という事です。

この3つが、重要なポイントだと、思います。
これは、普通の勉強にも言えることかも知れません。

theme : 悩み解決とくとく情報
genre : 心と身体

2008-01-05(Sat)

ご意見あのがとうございます。

「暗譜」について、少し誤解を受ける書き方をしたかもしれません。

「暗譜は指だけで覚えるものではなく、
曲をアナリーゼして和声の流れ等等を頭で覚えるのでは? 」

と言うご意見は、もっともです。
もう少し先で、この点は書きたかったのですが、一般的に言って、今日本でやっている
暗譜と言うより、ピアノの教え方は、「指だけ」に近いです。
(こういう書き方は、誤解を招くかもしれませんが。)
アナリーゼや流れも大切ですが、もっと大切な事はあります。


だた、今ここであげたいのは、「無意識」と「意識」の違いです。
人は、「無意識」でも、できる作業がたくさんあるという事です。

そして、集中。
同じ事に集中するという事が、いかに難しいかという事です。


アマゾンストア集中に関する本・CD

こだわりシューアイス
メロン・マンゴ&ココナッツ・ブルーベリー&チーズ・ストロベリーの四種類のこだわりアイス
おすすめ!ダイエットティ
とても飲みやすく無理なくダイエットでるおすすめ品!
集中力アップ!グッス
人前、試験で実力が発揮できないあなたに!
ザクロのパワー!効果
いつまでも美しくありたい方、体臭の気になる方、バストアップ美容に!
みんなでバーベキュー
お正月など、みんなが集まる時に手軽にパーティできます!
2008-01-04(Fri)

集中

昨日書いた、脳の機能ですが、「見えているのに、見えない。」
というのも、興味のあるレポートでした。

その方は、見えるのに、AさんとBさんの識別が出来ないのです。
ただ見ているだけでは、「見えている。」事にはならないという事を意味しています。

それと同じで、「ただ弾いている。」だけでは、音を追っていないという事です。
弾きながら、いろんな事を考えてしまう。
今日の出来事の反省をして見たり、悩み事を考え見ながら練習する。
そんな事は、ありませんか?

練習しながら、考えると問題がよく解決する。
と、思ったのは私だけでしょうか。
これは、ピアノをBGMにしていただけで、本当に練習していたことには、ならないのです。

勝手に、指にやらせているので、いざ「正気」に帰った瞬間に忘れてしまった。
という事になります。
これが、人前で「暗譜を忘れる」正体です。


「集中」の参考書は、こちらからご覧になれます。

こだわりシューアイス
メロン・マンゴ&ココナッツ・ブルーベリー&チーズ・ストロベリーの四種類のこだわりアイス
おすすめ!ダイエットティ
とても飲みやすく無理なくダイエットでるおすすめ品!
集中力アップ!グッス
人前、試験で実力が発揮できないあなたに!
ザクロのパワー!効果
いつまでも美しくありたい方、体臭の気になる方、バストアップ美容に!
みんなでバーベキュー
お正月など、みんなが集まる時に手軽にパーティできます!


theme : 潜在意識
genre : 心と身体

2008-01-03(Thu)

脳の機能

前回書いた「暗譜」の続きです。

昔「ウルトラアイ」という番組がNHKにあったのをご存知でしょうか。
知っている人は、きっと私と同じ世代ですね。

今やっている「ためしてガッテン」みたいなのみです。
それを、もう少し難くしたというか、理科の実験みたいな番組でした。
今から書くのは多分その番組でやっていたと思いますが、違う特集だったかもしれません。

あるとき「脳の働き」について面白い実験をしていました。
交通事故で、脳に損傷を受けた人を中心にしたテーマでしたが、
例えば、「目で見る」という事に関して、私たちは自然に見たいものだけ見て、関係ないものは、削除して、みているようです。
その、機能を失った人が、どんな風に見えるとか、やっていました。

そして、興味深かったので、よく覚えているのですが、事故で記憶に関する中枢に障害を持った人の話でした。
その人は、記憶がいっさい出来なくなってしまい、何でもすぐ忘れてしまうのです。
今、食べたものは勿論。
とにかく記憶できない。だから紙に書いておくしかない。

ところがです。
その人は、事故後身につけた仕事がありました。
それは、竹かご?を編む仕事でした。
記憶できないのです。
しかし、その人はきちんと作業の過程を覚えマスターした。・・・・・これは一体どういうことか?

つまり、これは「記憶」ではない。という事です。
暗記するのと、作業を覚える脳の中枢は、違うらしい。。。。
そういう、事を教えてくれる事実でした。

例えば、窓を閉める。鍵をかける。
何気なく、やっている作業。無意識のうちにやっていませんか?

「暗譜」も実は、これと同じだったのです。

===============================
「集中」「緊張」関係のものを調べてみました。
良かったら、見てください。 こちらです。

こだわりシューアイス
メロン・マンゴ&ココナッツ・ブルーベリー&チーズ・ストロベリーの四種類のこだわりアイス
おすすめ!ダイエットティ
とても飲みやすく無理なくダイエットでるおすすめ品!
集中力アップ!グッス
人前、試験で実力が発揮できないあなたに!
ザクロのパワー!効果
いつまでも美しくありたい方、体臭の気になる方、バストアップ美容に!
みんなでバーベキュー
お正月など、みんなが集まる時に手軽にパーティできます!








theme : 潜在意識
genre : 心と身体

2008-01-01(Tue)

恐怖の暗譜・・・その1

暗譜というのは、楽譜を覚えて弾くことなのですが、アンプって習っていた先生がいつも楽譜にカタカナで書くので、そういう横文字なのかな?
っと、ずっと思ってました。(笑)

誰でもそうだと思うのですが、子供のうちは、暗譜なんか苦にはなりません。
まぁ、曲が短くて簡単なせいもありますが、
気持ち的に、楽なので突然パッと、譜面を取られても、平気です。

それが、だんだん大きくなるにつれて駄目になってくるわけです。
苦もなく覚えられるという点では、今も子供のころから変わりないと思います。
練習していると、自然に入ってくるわけです。
それなのにです!

思春期を迎えたとたんに、人前に立つと、出来なくなってしまうのですよ。
こういう、経験をした人は多いです。

私は、中学二年の発表会のときに、発症してしまいました。
この「暗譜怖い病」をです。
それから、人前怖いし、暗譜怖いし・・・です。

ナゼ、そういう現象が起こるのか、明日書きたいと思います。


こだわりシューアイス
メロン・マンゴ&ココナッツ・ブルーベリー&チーズ・ストロベリーの四種類のこだわりアイス
おすすめ!ダイエットティ
とても飲みやすく無理なくダイエットでるおすすめ品!
集中力アップ!グッス
人前、試験で実力が発揮できないあなたに!
ザクロのパワー!効果
いつまでも美しくありたい方、体臭の気になる方、バストアップ美容に!
みんなでバーベキュー
お正月など、みんなが集まる時に手軽にパーティできます!




theme : 心のつぶやき
genre : 心と身体

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。