--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-25(Thu)

あがることは、悪いことではない

コメント、ありがとうございます。

普通、あがることは、マイナスのイメージですが、よくよく考えると、そうでもないと最近思え始めています。
前回にも書きましたが、自分の演奏に対して謙虚であり続ける事は大切だと思います。

早い話が、あがっても実力を出せるようにすれば、問題ないわけです。
上がり=間違えるとか、ミスをすると言うマイナスの考えは、間違いだと気がつき始めています。

今回のコンサートでも、終わってから考えてみると、全然ベース、はずしてなかったんですよね。
普段、あまりエレクトーンなど、弾かないので、苦手な足運びとかあって、かなり警戒していたのですが。。

そうやって、気を引き締めて、かかれば乗り越えていけるものではないかと、感じています。

これは、入試とか、他の事で、上がってしまう人でも、言えることではないでしょうか。
怖がらないで、向かっていくことが大事です。

怖がって、逃げてしまうときっと後で後悔してしまいます。




=======================================================


スポンサーサイト

theme : 対人恐怖症・社会不安障害
genre : 心と身体

2008-12-23(Tue)

コメントありがとうございます

太田サリンジャーさんコメント、ありがとうございます。
コメントにもありましたが、生徒の親御さんに「すごく上がるんです。」というと、
「先生なのに、上がるんですか!」と、ビックリされて、こちらの方が驚いてしまう事があります。

プロの演奏家の方でも、すごく上がる人を知っていますし、プライドがあって言わないか、
気にしないで、言ってしまうかの違いだけで、みんな人間だから同じだと思います。

そのプロの方は、とても人間的にも素敵な方で、演奏も素晴らしいです。
逆にまったく上がらないで、謙虚さのない、弾き飛ばしているだけの演奏家も知っています。

気ばかり強くて、自分の出す音の未熟さを知らずに、あがらない人も世の中にはたくさんいます。
自分が愚かなことに気がつかない。この方が、おそろしいと私は思います。

ピアノの先生の中では、生徒の前で緊張し、失敗するのが嫌でまったく弾かない人は、かなりたくさんいます。
現役引退状態ですね。

それだけならまだしも、ついでにまったく練習もやめて、口だけで、教えている人もかなりいると思われます。

こういう状態でもやっていける仕事だから、恐ろしいし、それを見抜けない親も多い。
病院選びと同じなのにと、思うのですか、、、、


勝手な解釈ですが、外人と会話の出来ない英語の先生、表面だけではわからない病院の先生と私たちの仕事は良く似ていると、思ったりするのです。
(日夜頑張っている先生も、たくさんいらっしゃると思います。失礼な事、書いて申し訳ありません。)



=======================================================


theme : 対人恐怖症・社会不安障害
genre : 心と身体

2008-12-19(Fri)

目的意識をもつ

これを読んでくださっている同じ悩みを持つ方へ

今回は、これまでの経験から、きっと強いあがりが来るだろうと予測し、病院へ行ったり自分なりに対策は高じたつもりです。

でも、又別の考え方もあったと思います。

病の例を挙げて考えると、ガンを宣告されて、「戦う姿勢」で治す方向で、治療を摸索するのもひとつの方法ですが、「受け入れる」と言う道もあると聞きます。
今ある状態を受け入れ、よりよく生きる。

それと同じで、何が何でも、あがりをなおして、ベストな状態で臨めるように頑張るのもひつとの道ですが、あがりを受け入れることも重要なのではないかと思います。

あがる事を前提とした練習をしていく事。
そうしていくことで、昔に比べると、どどうしようもない状態にならなくなるようになってきています。

例えば、最初の方でかいていますが、音符を覚えるという作業を出来るだけ、意識的に
漢字を覚える作業と同じにしていきます。
それは、音に耳を傾け、どんな音にしたいかという意識を持ちながらです。
そうすることで、集中力を高めて練習するという事にもつながります。

不思議と、こうやって練習していると、震えるようなあがりの中でも、失敗が少なくなるものです。


それから、もうひとつ思うことは、やはりなぜ自分はこの曲を練習しているのかと言う目的意識です。
今回のコンサートは、「子供たちの為に」という、目的がありました。

そのためにこの時期に合わせ「くるみ割り人形」をやりました。
といっても、今時の子供は、「くるみ割り人形」そのものを知らないでしょう。
ストーリーも知らないかもしれません。

この曲の有名でない分部にとても重要な要素があるため、どうするかとても迷ったのです。
なぜなら、その分部の楽譜は、そんなに簡単に手に入らないからです。
P用の全曲譜は出ていますが、出来るだけオーケストラに近づけたいと考えると、自分でアレンジするしか、方法はありませんでした。
(この曲は、絶対的にピアノではなくエレクトーンの方があっています。)


とても、迷ったのですが、残り二ヶ月を切ったところで、全曲オケのスコアを購入して、エレクトーン用にアレンジしました。
子供たちへの気持ちが強かったからです。

そういう事を、もっと思い出していたら、ここまで緊張しなかったかも知れないと、今になると思います。
その時は、やはり準備期間の短さから来る不安や、楽器の操作の大変さなどで、
肩にのしかかるものへの不安が大きく、そこまで、考えるゆとりを欠いていたと思います。


=======================================================

theme : 対人恐怖症・社会不安障害
genre : 心と身体

2008-12-15(Mon)

あがりの原因

夕べは、脳が興奮して寝付けなかったので、ソラナックスを飲んで寝た。
こういうときは、効果はあるようだ。

緊張の原因を考えると、その時々により、微妙な差はあるけれど、少なくとも他人の評価が気になっているせいではない。
失敗を恐れているのは、間違いないけれど、それは他人からどう思われるか。
ではなく、自分が悔しいからなのだ。

完璧な良い状態の自分のベストを知っているから、本番でもベストありたいと言う、完璧主義の欲望が、ブレーキをかけてしまうようだ。

例えば、キムヨナが、ショートでトップに立ったのに、涙したのは、ジャンプに失敗した自分に満足できなかったからだ。
けして、人から下手だと思われたと感じたせいではない。
その気持ちは、痛いほど良く分かる。

ところが、少しでも役立てばと思い、あるシステムのテキストを購入してみたが、他人からどう思われるか。
と言う点ばかり、書かれており、その思考を変えよう。
他人は、そうは思っているとは限らない。と言うアドバイスしかくれない。

確かに対人恐怖症の人にとって、人の目線はとても気になるだろうけれど、すべての人に当てはまるとは限らないのだ。
次元が違うと思う。


今日は、今回のコンサートの為に用意した資料をすべてまとめ、劣化していかないように封印した。
20センチくらいの厚みになっただろうか。
こうやって片付けると、本当に終わったと実感できて、気分がすっきりする。

疲れがもう少し残るのではないかと思っていたが、そうでもなく、失敗のせいで、精神的に落ち込むわけでもなく淡々としていた。
昨日、このくらい冷静でいれたら、良かっただろうに。
しかし、後悔はしていない。

今の時点の自分の精神では、あれがベストだったと思うから。
その中で、精一杯頑張れたと思う。

日数的に、スコアを見てアレンジして、と言作業をするにはあまりにも、過酷な条件だったけれど、
逃げずに、やり遂げたことには、満足している。



=======================================================

theme : 対人恐怖症・社会不安障害
genre : 心と身体

2008-12-14(Sun)

本番

いよいよ本番。
夕べは、ソラナックスを飲んだが、途中で目が覚めてしまい、その後は眠ったのか眠らなかったのか良く分からない状態で、朝を迎えた。

昨日、この日の為に用意していた、ストッキングが、引っ掛けていないのに、すぐに伝線が行ってしまった。
多分、不良品。
しかし、幸先悪いスタートで、考えたくないけど、嫌なイメージがわいてしまう。


今日は、リハーサルの時に、まったく薬が効いていなかったので、最初に受診した時もらった薬と、
ソラナックスを朝と、昼と飲んで臨んだが、まったく効き目がなく、これまでに無いあがり方で、
手足が震えた。
こんなに震えると、ミスをしない方が難しい。

小さいミスはチョコチョコあったものの、最初はその中で押えていたが、一番大きな曲の時に、
スケートで言う「転倒」をやってしまった。

ただ仁丹を口に含んでいると、幾部か、落ち着いたと思う。


本当に、何のために、病院へわざわざ行ったのか。
これから、次の為に、他の方法を検討してみたいと思う。



=======================================================

theme : 対人恐怖症・社会不安障害
genre : 心と身体

2008-12-14(Sun)

前日の気分

いよいよ明日になってしまった。
昨日までは、いつもより落ち着いている気がしていたが、さすがに夜になるって来ると、
精神的に辛くなってくる。

昨日は、リハーサルだった。
ソラナックスを飲んで、望んでみたが、まったく効かず、最後まであがりっぱなしだった。
最近は、薬なしでも、最初のうちだけで、すぐに大丈夫な状態になっていたのに、
まったく、薬が効かないという状態にショックを受けてしまった。
眠くもならなかった。

こうなると、なにに頼ったら良いのか、わからず、不安になる。
ちょっとでも当てにできるものが欲しかったのに。

あがりの状態の中でも、少しは差はあるものの、ギンギンのライトの下で、集中するのは、難しい。
集中しようと必死になっても、ライトに負けてしまった。

それよりも、体が思うようにうごかず、今まで気にしていなかったところが、急に不安になって、
つまってしまったので、今日残る一日は、そのチェックを主にした。


今日は午後から、仕事に行って、一組の親子に聞いてもらった。
そんなにあがっていたつもりはなかったのに、急に又考えもしなかったところで、不安になり、忘れてしまって、止まりはしなかったものの、
大きくはずしてしまい、すごい打撃を受け、不安になってしまった。

うちに帰ってから、何度もチェックをしたけど、不安病にかかりそう。
いいように解釈すれば、明日でなくてよかった。
と、思い、チェックできたのだからと、前向きに考えたいのだけど。。。


それにしても、真央ちゃんは強いなぁ。
あの精神力には、脱帽。
ちょうど、スケートがあったころ、最後の練習をしていたので、緊張感が、一体化していた。

真央ちゃんががんばったから、少し勇気付けられたものはある。

すぐ、怖がってしまうから明日は、怖がらないようにしよう。
そして、出来るだけ集中。
この二つだけでも、考えて、がんばって来よう。


追伸・書いているうちに今日になってしまった。


=======================================================

theme : 対人恐怖症・社会不安障害
genre : 心と身体

2008-12-11(Thu)

通院の日

今日は、メンタルクリニックの予約の日。
別に話す事は、なかったが、予約していたので仕方ないし、薬もそんなに飲んでいないけど、
ももらっておいたほうが、良いかなとその程度で、出かけた。

案の定。
「大変な仕事ですね。」といわれ、まるっきり素人の人と話しているようで、ガッカリしてしまう。
気持ちが、こういう状態になった時は、こうして。
と言うような、あがり専門のアドバイスが欲しいから行っているのに。
ただ薬を飲んで、ごまかして。
でも、薬にそんなに期待してはいけません。
薬は、心や体調によって効果が違います。とは。。。

それならば、心のアドバイスもしてよ。といいたくなる。
失敗だったな。

二度と行かないと思う。

しかし、4日前の、心の状態としては、思ったほどひどくない気がしている。
いつもは、もっと不安で押しつぶされそうなのに。

というのも、曲が大変すぎて、まだまだ完璧な仕上がりになっていないせいだと思う。
要するに、あがり以前の問題なのだ。
「この分部をどう弾くか。」
という事が、さきで、とてもあがりの事など考えていられない。

ゆとりがあるからこそ、余計なことを考えてしまうわけで、案外開き直りもありなのかと思えてきた。



=======================================================

theme : 対人恐怖症・社会不安障害
genre : 心と身体

2008-12-10(Wed)

いつもの癖

コンサートまで、今日を入れて後五日となってしまった。
ついついわかっているのだが、いつもの悪い癖が出てしまう。

心の不安を紛らすために、練習をし、やり過ぎでしまうのだ。
ぎすぎすした気持ちで、弾いているので、音楽がそういう音楽になってしまう。
録音して聴いてみると、だんだんぎすぎすが高じて、ところどころ音符の隙間が、心なしか
狭くなってきている。

それを聴くと、何とか修正しなければと、もっと弾いてしまうので、体に無理が来てしまう。
疲労。
首や、肩、腕などに痛みが出てくる。

特に、今のように和音ばかりの曲を弾いていると、脱力して弾いていても、ひじにある腱に無理がいく。
だんだんきちんとつかめなくなるから、余計に調子が狂っていく。


こうやって、肉体的にもベストな状態でなく、曲も崩してしまうと、ますます心細くなり、
不安がつのる。

こういう悪循環をいつも繰り返しているのだ。
わかっていても、止められない。

こうならない為に、病院へも行ったし、考え方を変えるシステムにもチャレンジしてみたのに、
無駄に終わってしまうのだろうか。






=======================================================

theme : 対人恐怖症・社会不安障害
genre : 心と身体

2008-12-08(Mon)

人前で弾く練習

今日は、午前中レッスンで曲を聴いてもらう。
出だしからしばらくは、ものすごく緊張して、肝心なところを失敗してしまった。
薬は、飲んでいない。

前は言われなかったのに、テンポ、速いといわれた。
だんだん速くなって来てしまったのかもしれない。
しかし、前に見てもらった時よりは、自分で遅いほうがいいと思って落としたつもりだったのだが、、、、

せっかくもらったアドバイスなのに、言われたことをプラスに出来ず、
どうしていいのかわからなくなってしまっている自分が半分いる。

そんな不安を抱えたまま、午後から仕事に出かける。
今日は、生徒の親子に聞いてもらおうと決心していた。

そのせいか、子供のレッスン中から、手が冷たくてぬくもって来ない。

終わった後に、聞いてもらうと、新鮮だったのか、小さい子なのに、じっと聴いていてくれた。
何曲か、聴きたいという事で、予定より、多めに弾くとさすがに、集中が逃げていくようだったが。

お陰で、私も少しリラックスできて、一番難しい、朝アドバイスをもらった曲を弾く時は、
大丈夫だった。
しかし、一曲目がこれだったら、無理だったと思う。


緊張の原因を考えていく上で、なんとか弾いたものの、今日は高いところから飛び降りる
恐怖を二回味わったわけで、この時の恐怖感がどんどん蓄積されて、更なる恐怖を生んでいくのだと感じる。

場数を踏んで、なれることもあるけれど、恐怖も同時に膨れ上がって行き、
もっともっと怖くなっていくのではないかとも感じている。




=======================================================

theme : 対人恐怖症・社会不安障害
genre : 心と身体

2008-12-07(Sun)

どうしても出来る気がしない

コンサートの予定まで、一週間をきってしまいました。
これまで、普段の生活の中で、それ程強い不安は、感じていませんでしたが、
やはり、近づいてくると日常の中でも、考えることが多くなってきました。

そして、自分の作った妄想に押しつぶされそうになり、不安な気持ちが襲ってきます。
自分の中で、一番怖い妄想は、やはり失敗に対する、恐怖です。
途中で、急に間違えて止まってしまうこと。

怖いと思う箇所を何度も、繰り返し、練習しているのですが、依然として出来る気がしてこないのです。
このまま、本番を迎えてしまう可能性は大きいです。
なぜなら、いつも最後まで、こんな調子だからです。

その結果、自分でつぶしてしまうことも、わずかですが、ありました。


今回、こんな事にならないために、病院へ行った筈ですが、思った以上に頼りなく、
当てにできないと感じてしまったので、又同じ事を繰り返しています。

自分の気の持ちようで、薬の利き方が違う、という事がわかったので、考え方を置き換えていく
システム、のプログラムも購入してみましたが、イマイチ、「これだ」と感じるものは、ありませんでした。

残念です。

やはり、そんなに簡単に、克服できるものではなさそうです。




=======================================================

theme : 対人恐怖症・社会不安障害
genre : 心と身体

2008-12-02(Tue)

練習会

今日は、リハーサルとまでは行かない、出演者による練習会がありました。
こないだと同じ、ソラナックスを飲んで挑んでみました。

しかし、眠気がくるのに、どこか頭がさえていて、緊張感は取れず、ミスを連発してしまいました。
原因は、やはり心理状態にあったと思います。

録音して、自分の演奏を聴く練習を始めてみて、まずい箇所をたくさん発見してしまったのです。
その箇所をまだ、完全に直す事が出来なずに臨んだので、不安になり、緊張感につながったりのだと思います。

ちょうど、真央ちゃんが、フランスの時は、ジャンプに自信が持てなくて、と言っていた状態と同じだと思います。


そして、夜に自分の生徒の前でも、弾いてみました。
まあまあ弾けたものの、すごく緊張してしまいました。
なぜなら、その子は、とてもうまく自分に近いくらいの能力はもう持っているからです。
そして舞台度胸もあるのです。

今日の状態を考えると、
やはり、薬はそんなにあてにはならないと、感じました。
そして、心の状態を、考え方を少しでも変えるトレーニングを今からでもしようと、あるプログラムに
挑戦してみることにしました。





=======================================================

theme : 対人恐怖症・社会不安障害
genre : 心と身体

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。