--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-23(Sat)

いじめと対人恐怖症 2

前回は幼稚園の時のいじめを書きました。
しかし、それは小学校を転校してからのものに比べれは、かわいいものでした。

私は、小学校二年の新学期に転校しました。
前にすんでいたところは、田舎で転校したところは、今ではたいしたことは無いのですが、
当事は都会でした。
急に街中に越してきた環境の変化だけでも、本人にとってはストレスでした。

そんな田舎者のオドオドとしたところが、担任の教師には気に食わなかったのしょう。
何かにつけて、冷たくされました。

その先生は「うちのクラスは、とてもよくできる子ばかり。」というのが、口癖でしたから。
一年からの持ち上がりという事で、自分好みのクラスを作ったという、自信もあったのだと思います。

ある日のことです。
転校して来たという事で、新学期なのに、私の教科書はありませんでした。
それで、先生の教科書をしばらく、借りていました。

と、ある授業の時です。
国語の時間だったか?

先生が教科書の今読んだところに「赤で線を引きましょう。」
というのです。
勿論、私も素直に従いました。

と、後ろから突然、雷のような叫び声がのしかかってきました。
「なに、してるか!!!」
その声に、驚き恐怖で、体が引きつりました。

本当に一瞬何が起こったのか分かりませんでした。

「先生の本に、何するか!!!」
私が、借り物の本に線を引いたことに、腹を立てたようだという事が、ようやく分かりました。

今でも、この声は忘れません。
ちなみに女の先生です。

小学校二年の子供が、先生の言う通りに線を引くのは当たり前。
こんな形で、ののしるとは。。。

私は、教師にいじめられたと、思っています。
「先生が、いじめているのだから、いじめていい。」

そう思ったのでしょう。
それから、来る日も来る耐え難い、いじめが、始まりした。



人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking

食べて元気になりましょう!
緊張しぃのあなたへ・あがり性お助けクラブ
あま~い有機栽培ロケットにんじんはいかが~
スポンサーサイト

theme : 対人恐怖症・社会不安障害
genre : 心と身体

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。