--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-23(Tue)

コメントありがとうございます

太田サリンジャーさんコメント、ありがとうございます。
コメントにもありましたが、生徒の親御さんに「すごく上がるんです。」というと、
「先生なのに、上がるんですか!」と、ビックリされて、こちらの方が驚いてしまう事があります。

プロの演奏家の方でも、すごく上がる人を知っていますし、プライドがあって言わないか、
気にしないで、言ってしまうかの違いだけで、みんな人間だから同じだと思います。

そのプロの方は、とても人間的にも素敵な方で、演奏も素晴らしいです。
逆にまったく上がらないで、謙虚さのない、弾き飛ばしているだけの演奏家も知っています。

気ばかり強くて、自分の出す音の未熟さを知らずに、あがらない人も世の中にはたくさんいます。
自分が愚かなことに気がつかない。この方が、おそろしいと私は思います。

ピアノの先生の中では、生徒の前で緊張し、失敗するのが嫌でまったく弾かない人は、かなりたくさんいます。
現役引退状態ですね。

それだけならまだしも、ついでにまったく練習もやめて、口だけで、教えている人もかなりいると思われます。

こういう状態でもやっていける仕事だから、恐ろしいし、それを見抜けない親も多い。
病院選びと同じなのにと、思うのですか、、、、


勝手な解釈ですが、外人と会話の出来ない英語の先生、表面だけではわからない病院の先生と私たちの仕事は良く似ていると、思ったりするのです。
(日夜頑張っている先生も、たくさんいらっしゃると思います。失礼な事、書いて申し訳ありません。)



=======================================================


スポンサーサイト

theme : 対人恐怖症・社会不安障害
genre : 心と身体

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

ブログにまで、僕の名前を書いてくれて光栄です。

あ、そういや歌手の 和田アキコさんが、物凄い
緊張しぃだと自分で言っていました。
ただ、緊張する事は分かっているんだから
その部分を覆い隠すように、倍以上の努力を
すればいい とも言っていましたよ。

ただ、緊張するからというだけで逃げてはいけないんですね。

僕もがんばろう。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。