--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-03(Sat)

スケートの選曲

more...

theme :
genre : 心と身体

2009-07-29(Wed)

コンクール曲のを決める

久しぶりの更新です。
今、秋の子供たちのピアノコンクールの曲を選曲し、練習を始めました。

やはり、90%以上は、その子の特徴をしり、ピッタリの曲を選んでやることで、
勝敗が決まるといっていいので、選曲はいつも苦しみます。

しかし、大抵、ひらめきと言うのでしょうか、「これ!」とさっさとひらめいた方がうまく行くのです。
「あれでもない。これでもない。」と思い始めたら、はまってしまい、抜け出せなくなってしまいす。

そうやって、苦しんだ時は、結果がよくない。

「ごめんね。」心の中で誤ります。


そんな曲の中で、今練習しているのは、メシアンの「風に映る影」
すごく難しいし、始めは意味不明で、悩みました。

音符読みに根性が必要。
でも、聴く分にはいいですよ。ぜひ聴いてみてください。



メシアン作品シリーズ2
CD
藤井一興
フォンテック
(参照日:09.07.29)
価格:¥ 2,905
定価:¥ 3,059
OFF:¥ 154(5%)
平均評価:評価なし
納期:在庫あり。


私が持っているCDとは違いますが、Amazonではこれしかないようです。


忍者アド
↑↑↑
簡単に小金がたまる小金もち


ミセスのお助けサイトお肌・髪・身体悩みなど・・・
楽天で売られているアイスを徹底研究しました!
送料無料の肉・送料無料ラーメン
緊張しぃのあなたへ・あがり性お助けクラブ
あがり症はサプリメントでなおそう!
パワーストンで集中力をつけよう!
バーベキュー用品はここですべてそろいます!
人参の事なら何でもおまかせ!!にんじん百貨店
牡丹を育てませんか!春咲き牡丹のページ




theme : ピアノ
genre : 音楽

2008-12-25(Thu)

あがることは、悪いことではない

コメント、ありがとうございます。

普通、あがることは、マイナスのイメージですが、よくよく考えると、そうでもないと最近思え始めています。
前回にも書きましたが、自分の演奏に対して謙虚であり続ける事は大切だと思います。

早い話が、あがっても実力を出せるようにすれば、問題ないわけです。
上がり=間違えるとか、ミスをすると言うマイナスの考えは、間違いだと気がつき始めています。

今回のコンサートでも、終わってから考えてみると、全然ベース、はずしてなかったんですよね。
普段、あまりエレクトーンなど、弾かないので、苦手な足運びとかあって、かなり警戒していたのですが。。

そうやって、気を引き締めて、かかれば乗り越えていけるものではないかと、感じています。

これは、入試とか、他の事で、上がってしまう人でも、言えることではないでしょうか。
怖がらないで、向かっていくことが大事です。

怖がって、逃げてしまうときっと後で後悔してしまいます。




=======================================================


theme : 対人恐怖症・社会不安障害
genre : 心と身体

2008-12-23(Tue)

コメントありがとうございます

太田サリンジャーさんコメント、ありがとうございます。
コメントにもありましたが、生徒の親御さんに「すごく上がるんです。」というと、
「先生なのに、上がるんですか!」と、ビックリされて、こちらの方が驚いてしまう事があります。

プロの演奏家の方でも、すごく上がる人を知っていますし、プライドがあって言わないか、
気にしないで、言ってしまうかの違いだけで、みんな人間だから同じだと思います。

そのプロの方は、とても人間的にも素敵な方で、演奏も素晴らしいです。
逆にまったく上がらないで、謙虚さのない、弾き飛ばしているだけの演奏家も知っています。

気ばかり強くて、自分の出す音の未熟さを知らずに、あがらない人も世の中にはたくさんいます。
自分が愚かなことに気がつかない。この方が、おそろしいと私は思います。

ピアノの先生の中では、生徒の前で緊張し、失敗するのが嫌でまったく弾かない人は、かなりたくさんいます。
現役引退状態ですね。

それだけならまだしも、ついでにまったく練習もやめて、口だけで、教えている人もかなりいると思われます。

こういう状態でもやっていける仕事だから、恐ろしいし、それを見抜けない親も多い。
病院選びと同じなのにと、思うのですか、、、、


勝手な解釈ですが、外人と会話の出来ない英語の先生、表面だけではわからない病院の先生と私たちの仕事は良く似ていると、思ったりするのです。
(日夜頑張っている先生も、たくさんいらっしゃると思います。失礼な事、書いて申し訳ありません。)



=======================================================


theme : 対人恐怖症・社会不安障害
genre : 心と身体

2008-12-19(Fri)

目的意識をもつ

これを読んでくださっている同じ悩みを持つ方へ

今回は、これまでの経験から、きっと強いあがりが来るだろうと予測し、病院へ行ったり自分なりに対策は高じたつもりです。

でも、又別の考え方もあったと思います。

病の例を挙げて考えると、ガンを宣告されて、「戦う姿勢」で治す方向で、治療を摸索するのもひとつの方法ですが、「受け入れる」と言う道もあると聞きます。
今ある状態を受け入れ、よりよく生きる。

それと同じで、何が何でも、あがりをなおして、ベストな状態で臨めるように頑張るのもひつとの道ですが、あがりを受け入れることも重要なのではないかと思います。

あがる事を前提とした練習をしていく事。
そうしていくことで、昔に比べると、どどうしようもない状態にならなくなるようになってきています。

例えば、最初の方でかいていますが、音符を覚えるという作業を出来るだけ、意識的に
漢字を覚える作業と同じにしていきます。
それは、音に耳を傾け、どんな音にしたいかという意識を持ちながらです。
そうすることで、集中力を高めて練習するという事にもつながります。

不思議と、こうやって練習していると、震えるようなあがりの中でも、失敗が少なくなるものです。


それから、もうひとつ思うことは、やはりなぜ自分はこの曲を練習しているのかと言う目的意識です。
今回のコンサートは、「子供たちの為に」という、目的がありました。

そのためにこの時期に合わせ「くるみ割り人形」をやりました。
といっても、今時の子供は、「くるみ割り人形」そのものを知らないでしょう。
ストーリーも知らないかもしれません。

この曲の有名でない分部にとても重要な要素があるため、どうするかとても迷ったのです。
なぜなら、その分部の楽譜は、そんなに簡単に手に入らないからです。
P用の全曲譜は出ていますが、出来るだけオーケストラに近づけたいと考えると、自分でアレンジするしか、方法はありませんでした。
(この曲は、絶対的にピアノではなくエレクトーンの方があっています。)


とても、迷ったのですが、残り二ヶ月を切ったところで、全曲オケのスコアを購入して、エレクトーン用にアレンジしました。
子供たちへの気持ちが強かったからです。

そういう事を、もっと思い出していたら、ここまで緊張しなかったかも知れないと、今になると思います。
その時は、やはり準備期間の短さから来る不安や、楽器の操作の大変さなどで、
肩にのしかかるものへの不安が大きく、そこまで、考えるゆとりを欠いていたと思います。


=======================================================

theme : 対人恐怖症・社会不安障害
genre : 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。